2016年05月28日

電圧計装備 KOSO スーパースリムスタイルメーター 電圧計

2016年5月 走行距離113636km


さて、メーターランプをLED化したところですが、アッパーカウルを外すこともあまりないのでこの機会にもうひとつ新たなアイテムを装備する作業をおこないました。

今回の新たなアイテムはこちら

DSC_1449.JPG
KOSO スーパースリムスタイルメーター


デジタル電圧計です(  ̄▽ ̄)

DSC_1450.JPG
サイズは横幅55mmと非常にコンパクトです。

で、アッパーカウル内のメーターまわりのどこか見やすいところに配置しようと色々考えた末・・・

DSC_1453.JPG
例によってアルミ工作でこちらのステーを製作いたしました。

DSC_1454.JPG

DSC_1455.JPG

DSC_1456.JPG
こんな感じでいこうかと(  ̄▽ ̄)

電圧計本体のステーへの取付けは付属の両面テープで貼るマジックテープになります。

で、ステーと電圧計を取り付けてアッパーカウルやらなにやらを取り付けて現状復帰したところで床屋の予約の時間になりタイムオーバー・・・

配線を接続しない状態で終了です。














で、床屋から帰ってきた時にはすでにまっくら・・・

DSC_1458.JPG
やりっ放しのガレージを・・・

DSC_1461.JPG
片付けて・・・

DSC_1462.JPG
またおっ始めました(  ̄▽ ̄)

残りの作業である配線の接続です。

プラスはキーオンでリレーを介して作動するシガーソケットのプラス配線から分岐させ、マイナスはバッテリーマイナスに接続して配線をタイラップでフレームに固定して完了です。

で、さっそくキーオン!



この初期作動っぷりがたまんない(≧∇≦)

これで常時電圧管理をすることによってレギュレターやバッテリー、発電系統の異常を早期発見できるようになりました(  ̄▽ ̄)

で、思ったんですけどこれは現在6V➡12V化への改良が進んでいるRD50SP改にこそ必要なアイテムなんじゃないかと・・・


FZ750 OWNERS CLUB FZOC

FZ750専門店 CROSS ROAD

ヤマハ 部品情報検索



バイク(カスタム) ブログランキングへ
ラベル:FZ750 電圧計
posted by ダルマ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 電装系アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

デイトナ スマートフォンホルダーWIDE リジットタイプ取り付け

2015年7月 走行距離102404km


ラフ&ロードでプラグとオイルを交換した際にお買い求めになったデイトナのスマートフォンホルダーを装着してみました。

DSC_0800.JPG
デイトナ スマートフォンホルダーWIDE リジットタイプ


で、スマートフォンを着けた状態の写真を撮ろうと思いましたが、こちらのブログの画像はすべてスマートフォンで撮っているので…

撮れねーじゃん(≧∇≦)

で、前に使っていたスマートフォンをつけてみた…

DSC_0801.JPG
左からデイトナ MOTO GPSレーダー、G-SHOCK G-5000E、Aiptek スポーティーカムZ3デイトナ スマートフォンホルダーWIDE リジットタイプ


DSC_0802.JPG
コックピット感がさらにアップ!(≧∇≦)

これでスマホのナビを使ったり、マップで現在位置を確認したりして走ることができます(  ̄▽ ̄)

IMG_20150722_200838.JPG
※画像はイメージです。

で…

DSC_0806.JPG

DSC_0807.JPG
マウントはこんな感じ…

で、このデイトナスマートフォンホルダーをつける為にすでに装備してあったAiptek スポーティーカムZ3とGショックを移動して…

DSC_0805.JPG
バンドルまわりはこんなことになってます…


FZ750 OWNERS CLUB FZOC

FZ750専門店 CROSS ROAD

ヤマハ 部品情報検索



バイク(カスタム) ブログランキングへ
posted by ダルマ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 電装系アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

ETC装備

2015年3月 走行距離95718km


もう何年前になるか…

ETCが導入された当時はまだバイクへの導入はされていませんでした…

そんな当時、「ああいうモノはバイクにこそ必要なんだから、早くバイクでも使えるようにしてもらいたいもんだ!」

などと文句を言いながらも未だにETCを装備していませんでした…

で、この度の通行料金15000円キャッシュバックの特別優遇の機会にやっとETC装備となりました。


で、問題はETC本体をどこに設置するか?

です…

FZ750の収納スペースは…

DSC_2936.JPG
シート後部のここに…

DSC_2935.JPG
ほんのわずか…


















こんだけぇ〜

default_6df744d23315ea917b805e62ba028e04.jpg
※画像はイメージです。












こんなんじゃ…













OLさんのお弁当ぐらいしか入りません…

af9920075588w-1.jpg
※画像はイメージです。

で…

DSC_2937.JPG
この上の隙間に…

DSC_2938.JPG
こちらのETC本体を設置。

DSC_2939.JPG
けっこうピッタリ!

DSC_2940.JPG
今のところ、プチプチに入れて…

DSC_2941.JPG
収納してます。

で、電源は…

DSC_2943.JPG

DCステーション(シガーソケット)を設置した際にリレーをつける為につけた平型ヒューズ電源からとってもらいました。

DSC_2905.JPG
別体式のアンテナはインジケーターランプのところに設置。

DSC_2904.JPG
ETCインジケーターはこちらのハンドル右側に設置です。

お値段は工賃込みで29700円。

DSC_2908.JPG

これからはツーリングも快適になります(* ̄∇ ̄)ノ

で、さっそくツーリングへGO!


FZ750 OWNERS CLUB FZOC

FZ750専門店 CROSS ROAD

ヤマハ 部品情報検索



バイク(カスタム) ブログランキングへ
posted by ダルマ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 電装系アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

デイトナ MOTO GPS RADAR LCD マウント変更

2015年2月 走行距離95710km


前回、デイトナのMOTO GPS RADAR LCDを装備して、EWAC(Early Warning And Control=早期警戒管制)仕様となった我がFZ750ですが、レーダー本体のマウントを変更いたしました。

前回は・・・

DSC_2754.JPG
このようにドライブレコーダー Aiptek スポーティーカム Z3のホルダーを利用していましたが、やはりレーダーはレーダーで独立したマウントにしようと思い…

DSC_2819.JPG
こちらをご購入。

DSC_2820.JPG
タナックス(TANAX) SA-18 ステーホルダー ブラック SA-18

DSC_2822.JPG
こちらはハンドルに取り付けるミラークランプです。

六角レンチも付属します。

それと…

DSC_2821.JPG
ポッシュのミラーホールカバーキャップ。

DSC_2823.JPG
こちらはアルミ削り出しのブラックアルマイト処理が施されているもので、ミラークランプにレーダーのステーを固定する為のボルトです。

で…

DSC_2825.JPG
こちらに設置。

DSC_2826.JPG
こんな感じで…

DSC_2824.JPG
MOTO GPSレーダーのステーの取り付けはこのように変更して…

DSC_2828.JPG
ミラークランプに付けます。

DSC_2829.JPG

DSC_2827.JPG
コックピットビューはこんな感じ。

で…

DSC_2833.JPG
ドライブレコーダー Aiptek スポーティーカム Z3と、GショックをつけてキーON!



DSC_2834.JPG
いいねぇ(  ̄▽ ̄)

DSC_2835.JPG
やはりこのコックピットぶりはたまんないっす(≧∇≦)

DSC_2837.JPG

FZ750 EWACもロールアウト間近!(≧∇≦)

インプレッションはコチラ


FZ750 OWNERS CLUB FZOC

FZ750専門店 CROSS ROAD

ヤマハ 部品情報検索



バイク(カスタム) ブログランキングへ
posted by ダルマ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 電装系アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

ニューイング DCステーションプラス設置 〜バイクのバッテリーからシガーソケットの電源をとる方法〜

2015年2月 走行距離95710km


さて、先ほど装備が完了したデイトナ MOTO GPS RADAR LCDはバッテリー内蔵型で充電して使えるものですが、それでも時間的には限度があります…

また、ドライブレコーダーAiptek スポーティーカム Z3もバッテリー内蔵型ではありますが、ツーリング先でバッテリー切れとなることもあり、カメラやナビなどもスマホを使っているためスマホのバッテリーも消耗しがちです・・・

そんなわけで、今どきのバイクライフは・・・















電気がなきゃ暮らせませんよー!


d0164083_14115277.jpg
※画像はイメージです。

そこで・・・
















風力発電だ!

704388b3.jpg
※画像はイメージです。













と言うわけにもいかないので…












バッテリーから電装品やスマホの充電用の電源をとることにしました。

使ったのがこちら

DSC_2764.JPG
ニューイング(NEWING) DCステーションUSB+ NSMS-003
ニューイングのDCステーションプラスです。

こちらはシガーソケットとUSB端子が同時に使えるというもの。

中をあけると…

DSC_2772.JPG
こんな感じで、バイクのハンドルなどに固定できるパイプクランプも付属しています。

DSC_2773.JPG
DCステーション本体にパイプクランプをつけて…

DSC_2774.JPG
バイクのハンドルに固定してみました。

DSC_2775.JPG
いいねぇ(  ̄▽ ̄)

配線は・・・

DSC_2776.JPG
インナーパネルの下に通して…

DSC_2777.JPG
ここから…

DSC_2778.JPG
フレームの内側を通して…

DSC_2779.JPG
バッテリーへ。

さて、バイクのバッテリーからシガーソケットなどの電源をとるには大きくわけて二通りの方法があります。

ひとつはシガーソケットのプラスマイナス配線をそれぞれバッテリーのプラスマイナス端子に直接接続する、いわゆる「バッ直」という方法。

こちらのメリットとしては作業が簡単ということ、反対にデメリットはキーOFFにした場合にシガーソケットから電源をとった電装品のスイッチを切り忘れたような場合、バッテリーあがりの原因になりかねないということです。

そしてもうひとつの方法が、シガーソケットのプラス配線をキーONで通電する配線にわりこませるというもの。

こちらのメリットはキーONにしなければシガーソケットに通電されない為、電装品のスイッチ切り忘れなどによるバッテリーあがりの心配はありません。

しかしデメリットとして既存の配線を加工する手間がかかるということと、一部の意見として、バッテリー直接接続の時のように安定した電力が供給されない場合があり、電装品や充電中のスマホなどに不具合が生じることがあるらしい…、ということです。

そこで、バッテリーから安定した電力の供給を受けつつもキーON状態の時だけ通電させるための電気工作をする事といたしました。

まず…

DSC_2765.JPG
用意したのがこちら…

DSC_2766.JPG
エーモン 1245 リレー 4極・DC12V車専用・20A

こちらのリレーを使うことによってキーON状態の時だけ通電させることが可能となります。

DSC_2770.JPG
仕組みはこんな感じ…

DSC_2780.JPG

DSC_2781.JPG
こちらがリレー本体です。

で、この場合キーON状態で通電する配線に接続する必要があるのですが、そうなると既存の配線を加工する必要がでてきます。

そこでこれを使います。

DSC_2767.JPG
エーモン E529 平型ヒューズ電源 10Aヒューズ交換用

平型ヒューズ電源です。

こちらはキーON状態で通電する配線系のヒューズと差し換えることでキーON状態で通電する配線から電気をとることができる為、既存の配線を加工しなくてすみます。

また、リレーからバッテリープラスとDCステーション(シガーソケット)に接続する配線にはヒューズを設置したいので…

DSC_2768.JPG

こちらのヒューズホルダーを使います。

ヒューズは10Aの管ヒューズを使用します。

さて、さっそく…

DSC_2769.JPG
電気工作開始です。

DSC_2784.JPG
エーモン 1452 電工ペンチ

配線の皮むきや、ギボシのかしめなどにはこちらの工具を使います。

で、リレーの配線に会わせて…

DSC_2785.JPG
平型ヒューズ電源の配線にギボシをつけて…

DSC_2786.JPG
リレーの青色配線に接続。

次にヒューズホルダーを使って…

DSC_2787.JPG
バッテリープラス配線をつくり…

DSC_2788.JPG
リレーの赤色配線に接続。

次は・・・

DSC_2789.JPG
バッテリーマイナス配線をつくり…

DSC_2790.JPG
リレーの黒色配線に接続。

さらにヒューズホルダーを使ってDCステーション(シガーソケット)に接続する配線をつくり…

DSC_2791.JPG
リレー側の配線完成。

DSC_2792.JPG
リレーはこちらにタイラップで固定しました。

最後にDCステーション(シガーソケット)のプラス配線をリレー配線にあわせてつくり…

DSC_2794.JPG
リレーとDCステーション(シガーソケット)を接続。

さて、いよいよバッテリーに接続するわけですが、まずバッテリーのマイナス配線、続いてプラス配線を外して…

DSC_2795.JPG
ヒューズボックスをあけてキーONで通電する配線系のヒューズと平型ヒューズ電源を差し換えます。

DSC_2804.JPG
今回は10Aのファン系のヒューズと差し換えました。

次に…

DSC_2797.JPG
リレーのプラス配線をバッテリーのプラスに接続し・・・

そして…

DSC_2805.JPG
リレーとDCステーション(シガーソケット)のマイナス配線をバッテリーのマイナスに接続して完了です。

で、さっそく…

DSC_2798.JPG
DCステーション(シガーソケット)からレーダーに電源ケーブルを接続して…

DSC_2799.JPG
キーOFF状態。異常なし。

で…

DSC_2800.JPG
キーONでレーダー起動!

成功です!

キーOFFにすると…

DSC_2802.JPG
このようになります。









ようやく電気のある暮らしが手に入りました(* ̄∇ ̄)ノ

861c2ed2.jpg
※画像はイメージです。


FZ750 OWNERS CLUB FZOC

FZ750専門店 CROSS ROAD

ヤマハ 部品情報検索



バイク(カスタム) ブログランキングへ
posted by ダルマ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 電装系アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デイトナ MOTO GPS RADAR LCD 装備

2015年2月 走行距離95710km


早咲きの桜も咲きはじめてきて、春の足音が聞こえてくる今日この頃ですが、春と言えば…

春の交通安全週間…

各署ノルマもあるんでしょうが、たまったもんじゃありません…

そんな春の交通安全週間の対抗策として車両の警戒監視機能強化のための装備を追加しました。

DSC_2727.JPG

きた!(  ̄▽ ̄)

DSC_2733.JPG
デイトナ(DAYTONA) MOTO GPS RADAR LCD 【モトGPSレーダー LCD】 77777

デイトナのMOTO GPS RADAR LCDです!

DSC_2732.JPG

DSC_2731.JPG

さっそく中をあけてみます。

DSC_2734.JPG

DSC_2735.JPG
こちらが本体。

そして付属品が何点かあります。

DSC_2737.JPG
USB シガープラグコード

DSC_2738.JPG
USBケーブル

DSC_2736.JPG
ヘルメットスピーカーと延長カールコード

付属品は以上ですが、オプションの…

DSC_2739.JPG
デイトナ(DAYTONA) MOTO GPS RADAR LCD バイク用ステー 78180

バイク用マウントステーもご購入(  ̄▽ ̄)

中をあけると…

DSC_2748.JPG
こんな感じで…

DSC_2745.JPG
本体にはこのようにつけます。

DSC_2747.JPG

で、さっそくバイクにつけてみようかと…

DSC_2750.JPG
さて、どこにつけるか?

DSC_2751.JPG
この辺がいいような…

駄菓子菓子…

DSC_2752.JPG
マウントに難あり…

で、しばらく見回してみると…

DSC_2753.JPG
ここはどうか?

ドライブレコーダー Aiptek スポーティーカム Z3のホルダーです。

とりあえず…

DSC_2754.JPG
つけてみました。

DSC_2755.JPG
いいんじゃない?(  ̄▽ ̄)

DSC_2756.JPG

で…

DSC_2757.JPG
このGショック用のウレタンは・・・

DSC_2758.JPG
右側に移動して・・・

DSC_2759.JPG
レーダーとドライブレコーダーAiptek スポーティーカム Z3、Gショックをつけてみました!

DSC_2761.JPG
このコックピットぶりがたまんない!(≧∇≦)

DSC_2760.JPG

DSC_2762.JPG

刻一刻と春が近づいてます(  ̄▽ ̄)




FZ750 OWNERS CLUB FZOC

FZ750専門店 CROSS ROAD

ヤマハ 部品情報検索



バイク(カスタム) ブログランキングへ
posted by ダルマ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 電装系アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

バイク用ドライブレコーダー Aiptek スポーティーカム Z3

2013年8月 走行距離 79182km


ナップス横浜店にてフロントブレーキパッドを購入し、交換もお願いしたわけですが、ピットの待ち時間が90分・・・

外は暑いので店内をぷらぷらしていました。

そして、前々から欲しいと思ってたものがあり、いろんな商品を見比べてました。

バイク用のドライブレコーダーです。

そして目についたのが、

Aiptekのスポーティーカム Z3です。

このAiptek スポーティーカム Z3は超広角レンズを備えた屋外用FULLHDビデオカメラで、水深30mまで対応可能な防水ケースが付属し、ダイビングやサーフィン、スキー、スノーボードなどでも使用可能です。

そして決め手となるのは、他のバイク用ドライブレコーダーが録画されている画像をみるのに別売のケーブルを使用してスマホに画像を送るものが多いなかで、ビデオカメラ本体で録画画像が確認できるということです。

つまり、どこが映っているか確認してバイクに取りつけて、録画中にも映っているところを確認できるため、振動などでカメラがずれてもスマホにつなげることなく修正できます。

さらに、他のバイク用ドライブレコーダーでは別売のマウントパーツが複数付属しています。

というわけで、こちらのAiptek スポーティーカム Z3を22800円でご購入。

さらにナップス横浜店では吸盤のマウントパーツをつけてくれました。

DSC_1175.JPG
AIPTEK Z3 Sporty Cam 防水スポーツカメラ 超広角170度 FULL HD 1080P高画質 エンドレス常時録画型

DSC_1177.JPG
こちらが本体。小型軽量でフル充電で4時間連続撮影が可能。

DSC_1176.JPG
付属品がこんなに!

DSC_1178.JPG
防水ケース。水深30メートルまで対応可能。ダイビングやサーフィンなどでも使えます。

DSC_1179.JPG
こちらはバイク用マウント。ハンドルなどのパイプ的なところに取り付け可能。

DSC_1180.JPG
こちらはマウントベースを両面テープで固定して使用するタイプ。
真ん中のはヘルメット用マウントベース。

DSC_1182.JPG
クリップタイプが2種類。

DSC_1183.JPG
こちらはリモコンです。

DSC_1184.JPG
パソコンに繋げるケーブル。充電もこのケーブルで。

DSC_1185.JPG
ストラップもついてます。

DSC_1186.JPG
マジックテープとゴム。両面テープでつけるようになってます。

DSC_1187.JPG
本来の取扱い説明書には日本語での記載はありませんが、別に日本語版がついてます。

DSC_1188.JPG
仕様はこんな感じ。

DSC_1189.JPG
付属品には含まれませんが、こちらのmini HDMIケーブルでHDTVに繋げれば、録画映像をテレビ画面で見ることができます。

DSC_1190.JPG
バイク用マウントでハンドルに取り付けてみました。

DSC_1191.JPG
前からみるとこんな感じ。

DSC_1194.JPG
ナップス横浜店でオマケでつけてもらった吸盤タイプのマウントで車体側面にカメラを設置。

DSC_1193.JPG
この吸盤タイプのマウントはかなり強力でめったにとれるもんじゃありません。

DSC_1192.JPG
迫力あるライディングシーンが期待できます。

メモリーはmicro SDカードですが、付属していません。


で、後から調べてわかったんですが、こちらのAiptek スポーティーカム Z3はAmazonで18800円(送料無料)で売ってました・・・

AIPTEK Z3 Sporty Cam 防水スポーツカメラ 超広角170度 FULL HD 1080P高画質 エンドレス常時録画型


FZ750 OWNERS CLUB FZOC

FZ750専門店 CROSS ROAD

ヤマハ 部品情報検索



人気ブログランキングへ
posted by ダルマ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 電装系アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする