2013年01月11日

オイル交換 MOTUL 300V SUPER ZOIL eco 4cycle 注入

2013年1月 走行距離72328km


ブレーキフルード交換に引き続き基本的なメンテナンスであるエンジンオイルの交換を実施しました。

前回交換時2012年8月(走行距離66159km)から6169km走行しており、サービスマニュアル推奨の交換時期は6000km走行毎となっているので、いい頃合いです。

オイルは前回と同じくMOTUL 300Vをチョイス。

DSC_0504.JPG

MOTUL モチュール/300V FACTORY LINE ROAD RACING (ファクトリーライン ロードレーシング)【15W50】【4サイクルオイル】


そして今回は添加剤SUPER ZOILを注入してみることにしました。

このSUPER ZOILはエンジンのダメージの回復を促す効果とエンジンの磨耗を大幅に抑え部品の寿命を約3倍に延ばすとの事で、中古車に使用した場合、まるで時計の針を戻したかのような効果を実感できるとの事です。
FZ750のような古い車両を乗り続けるためには必要な措置ではないかと思います。

DSC_0502.JPG

SUPER ZOIL スーパーゾイル/[スーパーゾイル エコ]SUPER ZOIL ECO for 4cycle


そして今回はさらにフラッシングにFLUSHING ZOILを使用しました。

このFLUSHING ZOILの特徴はエンジン内の有効な成分を損なう事なく、余分なスラッジだけを包み込んで排出し、さらにスーパーゾイル成分の働きで金属表面を改善し滑らかな状態につくりかえるとの事です。

DSC_0503.JPG

SUPER ZOIL スーパーゾイル/[スーパーゾイル] FLUSHING ZOIL(フラッシングゾイル)


このFLUSHING ZOILを使用した場合、必ずオイルフィルターも交換して下さいとの事なのでオイルフィルターも交換します。サービスマニュアル推奨のオイルフィルター交換時期は6000km走行毎となっているのでいずれにしても要交換です。

DSC_0501.JPG

KIJIMA キジマ/オイルフィルター


ドレンワッシャも交換します。サイズはM14。

DSC_0500.JPG
POSH アルミドレンワッシャ M14

必要なものを確認し、オイル交換準備にはいります。ドレンボルトのサイズはM19、オイルフィルターのボルトサイズはM12です。

DSC_0506.JPG

廃油の処理はビニール袋と新聞紙で。

DSC_0507.JPG

まずメンテナンススタンドで車体を垂直に立て暖気運転をします。

DSC_0496.JPG

暖気運転したら10分くらいでエンジンを切って火傷しないようにエンジン、マフラーの表面が冷えるのを待って各部の確認を行います。

点検窓からオイルをチェック。

DSC_0509.JPG
量はロアレベル丁度ぐらい、色は真っ黒です。

オイルプラグの確認。

DSC_0510.JPG
オイルを抜く前に、必ずオイルの注入口のオイルプラグが外せるか確認します。オイルを抜いた後にオイルプラグが外せないとなったらエラい事になります・・・

DSC_0512.JPG
オイルを抜きました。真っ黒です。
このFZ750についているストライカーマフラーは一応オイル交換可となっていますが連結部のスプリングが邪魔してソケットレンチが使えません。メガネレンチも無理でスパナで対応しています。
今後はメガネレンチをオイル交換専用に加工しようかと考えています。

オイルが抜き終わったらFLUSHING ZOILを注入します。

DSC_0513.JPG
FLUSHING ZOILは交換するオイル量の2/3以上を入れ5〜15分アイドリングでエンジンをまわします。

DSC_0514.JPG
オイル注入時はロートを使用してこぼれないようにします。

DSC_0515.JPG
FLUSHING ZOILを抜きました。サラッとしてますが色は黒いです。

フラッシングが終わったら新しいオイルを注入します。(後にこれが間違いだと気づきます。フラッシングオイルを抜いたあとにオイルフィルターを交換しなければなりませんでした・・・)

DSC_0516.JPG
MOTUL 300Vを注入。注入量はフィルター交換時は3000ml、フィルター交換なしの場合は2700mlです。

MOTUL注入2本目で気づいたのですが、オイルフィルターを交換するのを忘れてました・・・
すでに7000円分近い新品オイルを注入してしまいました。今回はフィルター交換キャンセルです。

MOTULの2本目が終わった時点でSUPER ZOILを注入します。

DSC_0517.JPG
このSUPER ZOIL ECO for4cycleは従来のSUPER ZOILの半分の量でOKとの事。つまり交換するオイル量の5%です。
フィルターを交換するのを忘れていたので今回のオイル交換量は2700ml。その5%なので135mlをメスシリンダーで計って注入します。
MOTULは残りの565mlを注入し、SUPER ZOILと合わせて2700mlになるようにします。

オイルフィルターの交換忘れというミスを犯しましたが、とりあえずオイル交換終了です。
今後のSUPER ZOILの効果に期待!


FZ750 OWNERS CLUB FZOC

FZ750専門店 CROSS ROAD

ヤマハ 部品情報検索



人気ブログランキングへ
posted by ダルマ at 21:52| Comment(1) | TrackBack(0) | メンテナンス オイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何もかも、間違っています・・

フィルターに残ったフラッシング剤で
オイルは薄まり・・
フラッシング入りのオイルで何千キロも
走ることになり、危険です。
フィルターも交換するとは、そういう意味です。

また、ゾイルの添加量もオイル全量
(オイル+フィルター交換時よりも多いはず)
の5%ですから、
ゾイルが足りないと思います。

私なら。直ぐにオイルを抜きますね。
焼き付いてからでは遅いので。
Posted by 通りすがり at 2015年11月23日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック